携帯用サイト
ログイン  |  新規登録  |
メインメニュー
サブメニュー
検索
オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 日記-blog を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

2007年7月30日(月曜日)

7月29日消防団員研修-水害想定総合訓練

カテゴリー: - chousan @ 14時55分49秒

2007年の夏の研修は道満グリーンパーク内の彩湖そばにて行いました。
1,2,3,5分団は7/8
4,6,7分団は7/29

■ゴムボート操作救出訓練

ゴムボートは各分団詰所にありますが、めったに開けるものではないため、組み立て及び破損が無いかチェック。
ボートを漕ぐこともめったにありませんので、二人で乗って息を合わせて漕ぎます。

要救助者へはヒューマンチェーン(腕と手を合わせて)にて船へ

最後は担架にて要救助者を運びます。

陸上から水上への指揮と、安全確認、要救助者への気遣いがポイントとのこと。

ボートはあまり分団員みな慣れていないため、最初はなかなかうまく進みませんでした :mrgreen:

■心肺蘇生法訓練
新しくなった、「日本版救急蘇生ガイドライン」に沿った心肺蘇生法を講習。
詳しくは
日本版救急蘇生ガイドライン策定小委員会
http://www.qqzaidan.jp/qqsosei/index.htm

胸骨圧迫30回と人工呼吸2回が主な変更点。
簡略して、覚えやすくなっている。
改定が数回行われているため、最新の情報を。

 

■可搬ポンプ操作訓練

可搬ポンプもあまり使わない機材のため、使用方法をよく教わる。

 

吸水圧抜きバルブ、送水バルブを閉める。
吸水レバーが入っていないことを確認。
キャブレーターに燃料を送るためプライマポンプを動かす。
(草刈り器などでは透明な半球だか金属の棒状の物)
チョークレバーを入れる。
アクセルレバーを始動の位置へ。
コイルスタータを引いてエンジン始動。
チョークレバーを戻す。
吸水レバーを動かしベルトから動力を伝えて、吸水し、本体まで水が来たらレバーを戻す。
アクセルレバーにて回転を上げていき、送水バルブを少しずつ開ける。
圧力計を見ながら送水圧を調節。
(用語、操作方法などはちょっと不安。間違っているかもしれません)

 

■礼式訓練

右向け右や回れ右、二列横隊から四列縦隊へなど。今年に入ってから最初の訓練ということで。

戸田市消防本部の災害支援車

西部分署の積載車

災害支援者にはタープが着くようです。

「荒川左岸水害予防組合」の名前入りボート。
エンジンが着くようで積載車に乗せてありました。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://sasame.jp/119/modules/wordpress/wp-trackback.php/70

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


22 queries. 0.033 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

日記-blog カレンダー
2007年 7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
日記-blog 月別過去ログ
日記-blog カテゴリ一覧
日記-blog 検索
日記-blog 最近のコメント